システム・クラウドサービスの株式会社ゼネックITソリューションズへようこそ システムの“ゼロ”から無限の可能性を
お客様と一緒に創造する会社

仮想化ソリューション 仮想化ソリューション

株式会社ゼネックITソリューションズのサービス紹介

  • ゼネックITSが提供する仮想化ソリューション
    • 国内外で圧倒的な導入実績と高い信頼性を誇る、VMware製品を利用した仮想化ソリューションを
    • さまざまな形でご提供させて頂きます。
    • 導入のご相談から最適なソリューションの選択、アフターサポートまで一貫したサービスを
    • ご提供させて頂きます
  • 仮想化のメリット
    • サーバの仮想化とは、ハイパーバイザーと呼ばれるOS依存の無い、ハードウェア上で直接動作する制御プログラムを利用し、複数のサーバを論理的に単一の物理サーバ上で稼働させる技術です。このハイパーバイザー上に仮想サーバと呼ばれる、アプリケーションだけでなく、OSも含めたサーバを複数台稼働させることが可能です。
    • つまり、お互いの仮想サーバは独立しているため、トラブル等にて単一の仮想サーバの停止が発生した場合でも、他の仮想サーバには影響を与えません。また、CPUやメモリなどのリソースも負荷状況に応じて割り当てを変更したり、柔軟に変更が可能になります。
    esx_ol1
    • また、同様にデスクトップの仮想化も可能です。サーバの仮想化と同じくハイパーバイザー上にデスクトップOS(Windows XP/Vista/7など)を稼働させ、よりセキュアにデスクトップ環境を利用することが可能になります。
    • すべてのクライアントがサーバ上で稼働するため、モバイルやテレワークでの利用も安心です。また、タブレット端末などからも利用可能です。
    hv

     

    vr_mrt_bnr1 vr_mrt_bnr2 vr_mrt_bnr3 vr_mrt_bnr4
    • 古いシステムや古いOS、再構築できないシステムなど、新しいサーバでは稼働できないシステムを仮想化する ことにより延命が可能です。
    • サーバ統合により、設置スペース、消費電力の削減が可能です。また物理的なサーバ台数も少なくなり、運用管理が簡素化され、運用コストの削減も可能です。
    • 仮想化されたサーバは扱いやすく複数拠点間での移動も可能です。万が一の災害に備え、バックアップサイトの構築も可能です。
    • 新規の仮想サーバの作成は数分で完了します。物理サーバ購入のための社内処理や納入までのタイムラグが無くなります。サービス提供や戦略プロジェクトが即座に開始できます。
  • サーバの場合
    • VMware vSphere 
    • 国内外で圧倒的な導入実績と高い信頼性を誇る、仮想化プラットフォーム

     

    tg_ol1
    • ◆ITの利用が加速し、物理サーバが増加していく・サーバ管理の
    •   煩雑さから、本来の業務に影響が出ている
    • ◆サーバをこれ以上設置するスペースが無い
    • ◆データセンタのコストが増加していく     etc…
    • これらの問題を解決するのがVMware vSphere仮想化プラットフォームになります。今まで1台のサーバに1OSという利用形態から、仮想化により少ない物理サーバにて複数の仮想サーバを稼働させることができます。 また、既存のシステムを仮想化するにあたり、P2Vと呼ばれるコンバートを行うことにより、既存環境をそのまま仮想環境に移行することが可能です。
    • 再構築できないシステムや、古いオペレーティングシステムでしか稼働できないアプリケーションをそのまま仮想環境でご利用いただけます。(2011年8月現在 WindowsやLinuxなど81種類以上のOSをサポート)

     

    • また、多くのサーバを持たない企業にとってもサーバ仮想化のメリットはあります。
    • 例えば、2台の仮想化プラットフォームを構成することにより、vMotionと呼ばれるオンラインでの仮想サーバの移行が可能になります。
    • 物理サーバのメンテナンスや拡張が必要な際も仮想サーバの停止を伴うことなく作業が可能です。
    • また、突然物理サーバに障害が発生した場合でも、瞬時に別の物理サーバ上にて仮想サーバを再起動させ、ダウンタイムを軽減させることが可能です。
    • これらの機能は全て仮想プラットフォーム上で実行されるため、各仮想サーバに特別な冗長化用ソフトウェアの導入や設定は不要です。
    • 仮想化プラットフォーム上の全ての仮想サーバでこのメリットを享受することが可能になります。
    tg_vmt
  • デスクトップの仮想化・統合
    •  VMware View
    •  仮想化プラットフォームvSphereとシームレスに統合するデスクトップ仮想化サービス。
    dktp_ol1
    • デスクトップの仮想化を利用することにより、ユーザビリティはそのままに、セキュリティの向上とクライアントコストや管理コストを削減することが可能です。クライアントOSは仮想化プラットフォーム上で実行されるため、クライント側は画面表示をするだけですので、多くのリソースを必要としません。
    • また、仮想プリンタ機能やUSBリダイレクトなども可能ですので、物理クライアントと同等の環境が実現可能です。
    • 仮想化プラットフォームはvSphereを利用しますので、サーバ統合と同様に高い統合率や耐障害性を確保できます。
    • (サーバとの共存での統合も可能です。)
    • モバイル端末・タブレット端末などを組み合わせ、セキュアにリモートから社内システムなどへのアクセスが可能になります。
    • リンククローンというマスターイメージからデスクトップを展開する機能を利用すれば、OSやアプリケーションのアップデート・パッチを一元管理することが可能です。管理者はマスターイメージを更新するだけで全てのデスクトップに反映されます。 このように、クライアント管理の簡素化が実現できます。
  • 弊社のご提供サービス
    • 仮想環境の導入にあたっては、お客様の様々なニーズに対応できるよう、弊社では目的に合ったサービスをご提供させて頂いております。下記以外でも最適な方法でご提案させて頂きますので、是非ご相談ください。

    svc_op

    • 仮想環境を自社内に導入する場合、お客様のニーズに合った環境を設計からアフターサポートまでワンストップでご提供させて頂きます。また、最初はスモールスタートしたいお客様のために、スタートアップパックもご用意させて頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

     

    svc_cld

     CloudCubeクラウドサービス

    • 仮想環境を利用したいが、ハードウェアコストや運用コストが気になるお客様には、弊社が運営しておりますクラウドサービスを利用した導入をご提案させて頂いております。VMware vSphereのテクノロジのクラウドサービスを月額にてご利用いただけます。弊社のセキュアなデータセンタにて、お客様のサーバ・デスクトップお預かりさせて頂きます。利用形態に応じて様々なサービスをご利用いただけます。

     


ページトップへ戻る